鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

ジクロフェナクナトリウム
15件の商品がございます
表示件数
並び替え

ジクロフェナクナトリウム

ジクロフェナクナトリウムは、非ステロイド性抗炎症薬の一種で、炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジンという成分が作られるのを抑制する働きによって、炎症を抑えて腫れや痛みなどの症状の改善に効果があり、関節リウマチや腰痛、急性上気道炎、歯痛、手術後の疼痛など様々な症状の消炎鎮痛剤として用いられていますが、全て対処療法となり、痛みや熱の原因そのものを治すものではないので注意が必要です。 ジクロフェナクナトリウムは、錠剤、カプセル剤、テープ剤、クリーム剤、パップ剤、坐剤、液剤など、いろいろなタイプがあり症状に合わせて使い分けできるメリットがありますが、胃腸や肝臓、腎臓などが悪い人、喘息やアレルギーを持っている人などは、使用する前に医師に相談し、妊娠中や授乳中、肝臓病、腎臓病、高血圧、心臓病などの人は使用できないので注意が必要です。 また、市販薬を含めて常用薬がある人は、飲み合わせが悪い場合があるので必ず医師に相談して指示に従うようにします。

ジクロフェナクナトリウムの作用

ジクロフェナクナトリウムは、非ステロイド性消炎鎮痛剤の一種です。 使用すると、月経痛、抜歯後の痛み、その他手術後などの強い痛みに効果があります。 痛み止めの作用をするため、飲み薬としては1974年に錠剤が発売されました。その後、湿布薬や塗り薬などが発売されています。 ジクロフェナクナトリウムは、プロスタグランジンという成分が、炎症や発熱によって作られることを抑制する作用があることから消炎鎮痛効果をもたらします。ただ、対処療法であるため、炎症・発熱などの原因が直接治癒するわけではありません。しかしながら、消炎・鎮痛作用に優れているため、世界中で使用されているお薬です。テープ剤やパップ剤といったものや、クリーム剤、坐剤など、どんな形であっても作用してくれます。患部や症状に合わせて広く使用できます。アレルギーや持病がある場合には、注意が必要ですが、ちょっとした筋肉痛や歯の痛みなどに日常的に使用することができます。

ジクロフェナクナトリウムが有効な症状

ジクロフェナクナトリウムは、痛みや炎症をを引き起こすプロスタグランジンという物質を生成するのを抑え、炎症や腫れ、痛みを抑える効果があります。他にも、熱を下げる効果もありますが、原因そのものを治すものではありません。しかし、強力な効果があるため、痛みや腫れを抑えるによく活用されており、対症療法の薬としては大変重要な薬です。形状によって差はありますが、約1時間程度で効果が現れると言われています。強力な効果があるとともに副作用も強めなので注意して使用しなければなりません。 非ステロイド抗炎症薬と呼ばれ、様々な症状に広く使用されています。形状も様々で錠剤、カプセル剤、クリーム、パップ、テープ、坐剤、液剤があり、症状によって使い分けることができます。関節リウマチ、腰痛症、変形性関節症、変形性脊椎症、神経痛、骨盤内炎症、膀胱炎、腎結石など様々な症状に有効です。また、手術後などの鎮痛効果や消炎効果もあります。

ジクロフェナクナトリウムの副作用

ジクロフェナクナトリウムは解熱、沈痛および炎症を鎮めるために用いられる薬で、インドメタシンに並んで抗炎症作用を目的に使用されます。一般的に使用されるのは外用薬ですが、内服薬としても販売されていて、病院での処方の他に市販薬としても多くの種類が揃っています。主に関節リウマチ、歯痛などの痛み止めに使用されることが多いですが、その他にも様々な症状で利用されています。胃腸での吸収が良いため即効性があり、代謝も良く素早く排泄されるのがジクロフェナクナトリウムの特徴ですが、飲み薬ではごく稀に副作用として胃腸障害が発生することがあります。報告が多いのは食欲不振や吐き気、嘔吐といったもので、その他にも胃痛、下痢、胃潰瘍、黄疸があります。また、重篤な服用として心筋梗塞や脳梗塞、重度な肝機能障害も起こることがあるので安易に使用するのは注意しましょう。外用薬としては発疹や喘息発作が起こる可能性があり、稀に薬剤アレルギーによって過敏症状を起こすこともあるようです。

ジクロフェナクナトリウムの注意点

ジクロフェナクナトリウムを使用する際は医師や薬剤師の指示に従って正しく使用し、自己判断で中止したり、勝手に減量または増量してはいけません。 妊娠中または妊娠している可能性のある方、授乳中の方は必ず医師に報告してください。また幼小児、高齢者、消耗性疾患の方はショック症状が起こることがあるので医師の指示を厳格に守りましょう。現在または過去に胃腸、血液、肝臓、腎臓、心臓に病気や機能障害のある方やクローン病、潰瘍性大腸炎にかかった方は予め医師に報告してください。本人、または家族にアレルギー体質がある場合も報告が必要です。 全ての方に気を付けてほしい注意点として、薬の使用中にアルコールを摂取しないこと、他の薬と併用する場合は必ず事前に医師に相談すること、体調の変化があった場合は速やかに医師に報告することが挙げられます。錠剤やカプセル剤では胃腸症状が起こることがありますので、医師の特別な指示が無い限り原則空腹時に使用しません。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県