鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

スマトリプタン
20件の商品がございます
表示件数
並び替え

スマトリプタン

スマトリプタンはトリプタン系薬剤の一つで、片頭痛(偏頭痛)に関して効果のある薬です。スマトリプタンは、脳の血管の拡張を元に戻すのと同時に脳の血管付近にある三叉神経の刺激を抑え込みます。痛みを感じる原因となる神経ペプチドの放出も防ぐので、服用すると個人差はありますが、基本的には服用後、30分程度で効果が現れてきます。片頭痛(偏頭痛)の痛みを緩和させる働きがある他、症状の一つである嘔吐や吐き気、光や音の過敏といったことも症状を軽減することができます。 片頭痛(偏頭痛)薬は服用するタイミングが難しいですが、スマトリプタンは、頭痛が起きてから服用しても効果を得ることができます。ですが、あまりにも痛みがひどくなってから服用した場合には効果を発揮しないこともあります。スマトリプタンは偏頭痛だと確信した段階で飲むように心がけましょう。なお、予防として服用しても効果はありません。飲み過ぎると薬物乱用頭痛を引き起こすこともあるので注意します。

スマトリプタンの作用

片頭痛(偏頭痛)が起こった場合、市販の鎮痛剤を使用することがあります。市販薬は一時的に痛みを抑えることができますが、根本的な痛みの原因を治療する効果はありません。片頭痛(偏頭痛)専用の薬ではないため時間がたつと再び痛くなることがあります。 スマトリプタンはトリプタン系薬剤で、片頭痛(偏頭痛)専用の薬です。 片頭痛(偏頭痛)は脳の血管が広がりすぎてしまい、その広がりによって周辺の神経を刺激することで痛みが生じます。スマトリプタンは偏頭痛の原因を根本的に解決でき、血管を収縮させる、脳の神経である三叉神経からの神経ペプチド(CGRP)の放出を抑え込む、という作用があります。 また、三叉神経からの刺激の情報が大脳に伝わるのも防ぐことができるので、偏頭痛特有の吐き気や音や匂いの過敏も防ぐことができます。 スマトリプタンは市販の鎮痛薬とは違い、偏頭痛が起きてからも服用すると症状を抑えることができます。さらに効果をあげるには、偏頭痛の前兆や予兆が現れた段階で飲む、頭痛が起きてから10分以内に服用するということがポイントになります。

スマトリプタンが有効な症状

みなさんの中にも片頭痛(偏頭痛)で悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。脈拍と連動したような定期的なズキズキした痛みは、片頭痛(偏頭痛)を持っている人にしかわからないつらい痛みです。市販薬を飲んで痛みを抑えている人もいるでしょうが、市販薬は痛みを抑えることはできますが頭痛を治す薬ではありません。片頭痛(偏頭痛)の症状に有効な成分の一つがスマトリプタンです。拡張した血管を収縮させる働きや炎症を抑える効果があるので、痛みそのものを抑えることができるのです。頭痛の発作が起きたらすぐに服用することで効果が得られます。ですから予防のために服用しても効果はありません。 また頭痛と言っても肩こりなどからくる緊張型頭痛には効果がありません。スマトリプタンは飲み合わせに注意が必要なので、ほかの病気で薬を処方してもらうときには、片頭痛(偏頭痛)の薬を発作時に服用することがある旨を医師にきちんと伝えておくことが必要です。

スマトリプタンの副作用

スマトリプタンは片頭痛(偏頭痛)発生から速やかに服用すると、およそ30分程度で片頭痛(偏頭痛)に効果を発揮する即効性が期待できる薬ですが、服用の際には副作用に注意が必要です。 スマトリプタンの副作用としては、胸の痛み、胸の圧迫感、喉のつかえ感、動悸、眠気、倦怠感、めまい、嘔吐、じんましん、身体の痛み、味覚障害、一過性の血圧上昇などがあります。胸の痛みや圧迫感に関しては狭心症のような症状が出てきます。30分程度で軽減しますが、心配な場合は心電図検査を行っておくと良いでしょう。また、服用後には眠くなる場合があります。車の運転や高所での作業など、危険を伴う行動は避けてください。 重篤な副作用としては、狭心症や心筋梗塞、アナフィラキシーショック、けいれん、冷汗などがあります。血管を収縮させる作用があるので、狭心症や心筋梗塞、高血圧症、肝臓病など循環器系に疾患がある場合は服用に注意が必要となります。

スマトリプタンの注意点

スマトリプタンは片頭痛薬です。スマトリプタンには2つの作用があり、血管を縮小させる、血管周辺にある三叉神経に作用し炎症を抑えることができます。そのため片頭痛(偏頭痛)が起きてから速やかに服用することで効果が現れます。 スマトリプタンの注意点としては、狭心症や心筋梗塞など循環器系の疾患がある場合、服用に注意が必要になります。これは、スマトリプタンが血管を収縮させることができるからです。てんかんや肝臓病、腎臓病、狭心症を起こす可能性のある人、高血圧の場合にも注意が必要となります。 また、別系統のエルゴタミン製剤と併用すると血圧上昇などの副作用が出やすくなります。エルゴタミン製剤との併用は避けてください。 狭心症や心筋梗塞などの疾患がなくても、胸が痛んだり、圧迫感や胸のつかえ感、動悸などが起こる場合があります。じっとしていることですぐにおさまってきますが、飲むたびに起こる場合は、念のため心電図検査を受けておくと安心です。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県