鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

セレコキシブ
10件の商品がございます
表示件数
並び替え

セレコキシブ

セレコキシブは腫れや痛みを抑制してくれるお薬です。2007年に関節リウマチや変形性関節症、2009年に腰痛症、肩関節周囲炎などへの適応が認められました。2011年には手術後や外傷後、抜歯後などに対しての消炎・鎮痛効果が認められました。非ステロイド性消炎・鎮痛薬(NSAID)であり、炎症反応に関与するCOX-2に対してその働きを阻害することで痛みを鎮める新しいタイプの鎮痛剤です。セレコキシブは胃腸障害が少ないとされており、従来の鎮痛剤で解決できなかった胃腸障害の軽減が期待できます。日本国内のデータでもセレコキシブは、同じように消炎・鎮痛効果のあるロキソプロフェンよりも胃・十二指腸潰瘍の発現率で有意に優れており、安全性に対して大きな懸念もないとされています。体質や持病、常用薬の成分によってはお使いいただけない場合もありますが、基本的には安全性が高く、従来のNSAIDで発生したような消化管への副作用を最小限に抑えてくれる薬と言えます。 鎮痛剤・消炎剤は日常生活において身近な薬の一つです。ドラッグストアでも手が入りやすく、医療現場でも様々な症状に対して処方されていますが、服用するのであれば効果がありつつ、副作用が少ないセレコキシブをおすすめします。 セレコキシブは通常のドラッグストアでは販売されていません。病院で処方してもらうか、通販で購入することで入手可能です。当サイトでは、処方箋無しで、病院で実際に処方されているものと同じセレコキシブをご購入いただくことが可能です。痛みや炎症でお悩みの方はぜひご利用ください。

セレコキシブの作用

セレコキシブは、非ステロイド性消炎・鎮痛薬(NSAID)のひとつで、今までの鎮痛剤と違ったメカニズムで痛みを緩和します。従来の鎮痛剤は、痛みの元となるプロスタグランジンを産生するCOXと言う物質を阻害するという作用機序でした。ところが、このCOXにはCOX-1とCOX-2の2種類があり、研究によりCOX-2は炎症や痛みの原因となるプロスタグランジンを産生していますが、COX-1は、胃粘膜や腎機能を保護する働きがあり、私たちの体を守ってくれる強い味方だという事が判りました。セレコキシブは、COX-2を選択的に強く阻害することでプロスタグランジンの生合成を抑制し、痛みや炎症を鎮める働きをします。この働きから、セレコキシブはCOX-2高選択的阻害薬ともいわれています。COX-1への影響が少ないため、従来の従来のNSAIDに比べて副作用が少ない新しいタイプのお薬です。

セレコキシブが有効な症状

セレコキシブが有効な症状として関節リウマチ、変形性関節症、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎、腰痛症、肩関節周囲炎などがあげられます。また、手術後や外傷後、抜歯後の消炎・鎮痛に対しても効能が認められています。セレコキシブ自体には根本的な原因を治療する成分は含まれておりません。炎症の元となるプロスタグランジンという物質の生合成を抑制する効果があり、プロスタグランジンの合成酵素であるCOX-1とCOX-2についてその働きを阻害することで消炎・鎮痛の効果を発揮します。COX-1には胃粘膜や腎機能を保護する働きがあるため、COX-1への影響は抑えつつ、選択的にCOX-2を強く阻害する作用機序となっており、関節周りや、外傷など、様々な痛み・炎症に対してその効果を発揮しつつ、副作用が少なく飲みやすい薬として注目されています。

セレコキシブの副作用

セレコックスとも呼ばれるセレコキシブは、関節リウマチや変形性関節症、手術後など炎症によって引き起こる痛み取り除く働きを持つ薬です。この薬には炎症などの痛みの要因となる物質プロスタグランジンを作り出す酵素を阻害する働きを持ってるので痛み止めとして活用されます。副作用としては発疹や喘息が出る可能性があり、アレルギー体質や喘息持ちの人は摂取に注意が必要です。またこの他にも胃腸障害、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まるなどの恐れもあります。この場合、持病持ちや高齢者、セレコキシブを長期服用を考える人もリスクを知って摂取すべきです。そして抗凝血薬のワルファリンや気分安定薬のリチウムを初めとした他の薬品との飲み合わせが悪いものもあります。

セレコキシブの注意点

セレコキシブは服用することで炎症を鎮め、腫れや痛みなどの症状を抑えてくれる薬です。病気の原因そのものを治すことはできませんが、関節リウマチや変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、外傷後あるいは抜歯後などの痛みや炎症を和らげます。服用に関する注意点としては、鎮痛薬や解熱薬で喘息を起こしたことのある人は服用が禁止されていますので服用することはできません。また、セレコキシブ自体には他の鎮痛剤より副作用が少ないとされていますが、胃が弱い方は注意が必要だとされています。他にも、服用中の常用薬がある方や重篤な病気を抱えている方などは注意する必要があります。セレコキシブを長期間服用し続けると、心筋梗塞や脳卒中の発現リスクが高まる可能性があるといわれています。用法容量を守って、痛みや炎症を緩和したいときにだけ服用するようにしましょう。

セレコキシブの安全性

現代に限らず、人の生活にとって「痛み」との戦いは常に隣にあると言えます。日常において、ケガをしたり打撲したり、といったことは頻繁に起こり得ますし、リウマチや変形性関節症などの病気にかかっている場合、いわゆる痛み止めを服用することになることもあります。そのような場合に現在よく用いられる薬の一つがセレコキシブですが、一般的に痛み止めとされる鎮痛作用がある薬品は胃に負担をかけ、胃酸の分泌を促すことから消化性潰瘍などの消化管障害を引き起こす可能性があることが指摘されています。セレコキシブにも同様にこれは当てはまりますが、セレコキシブは「COX-2選択的非ステロイド性抗炎症薬」という分類になり、胃や腎臓などで生理的調整にかかわるCOX-1への影響が少なくなっています。そのため、従来の鎮痛剤・消炎剤に比べて胃腸障害や腎障害などの副作用が少なく、安全性が比較的高いと言われています。 安全性が高く、効果的な痛み止めをお探しの方は、ぜひセレコキシブをご選択ください。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県