鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

リウマチ
10件の商品がございます
表示件数
並び替え

リウマチは関節リウマチを指します

一般的にリウマチとは関節リウマチのことを指します。お年寄りに多いと思っている人が少なくありませんが、実際は30歳から50歳の働き盛りの女性に多い疾患です。全国的な患者数は70万~80万人と推定されていますが、その男女比は1:4と女性のほうが多いと言われています。 関節リウマチは膠原病の1つで、炎症性自己免疫疾患です。膠原病は、本来は自分をウイルスなどの外敵から守ってくれるはずの免疫機構がシステムエラーを起こして自分自身を敵だと勘違いをし、自分自身を攻撃してしまう(これを自己免疫反応と言います)病気です。関節リウマチの場合、自己免疫反応によって侵されるのは主に関節です。自己免疫反応によって関節の滑膜と言う部分が炎症を起こします。滑膜が増殖し、関節校内の水分が増え、関節が腫れてきます。 増殖した滑膜が肉芽組織を形成し骨や軟骨組織を浸食し始めます。そうなると関節内の骨と骨のすき間が狭くなり徐々に関節の動きが悪くなってきます。 同時に、関節にも痛みが出てきます。「骨の髄に釘をねじ込まれているような感じ」、「オーブンで骨の髄を焼かれているみたいな痛み」と言われるような強い痛みです。 そして関節の症状だけではなく、微熱や全身のだるさ、体重減少などが見られることも多いです。その他に、ドライアイや手のしびれ(手根管症候群)、慢性の肺炎(間質性肺炎)や他の膠原病との合併が見られることもあります。

関節リウマチの症状

リウマチとは、自己免疫疾患の一つで、一般的にリウマチと言えば「関節リウマチ」を指します。症状としてかかり始めには、熱っぽさや全身の倦怠感、貧血等の症状があります。その後、小さな関節の腫れ、手首やひじ、肩、足首やひざ、股関節等全身の関節に広がっていきます。一番の特徴は、朝の両手のこわばりで、全身の関節で認められますが、特に手指で気付きやすいです。 この痛みや腫れの正体は炎症で、その炎症が長期間続くと軟骨や骨が溶け、関節が変形することで動かしずらくなってしまいます。 リウマチの原因は、免疫系の働きに異常が生じた為に起こると考えられます。主に、免疫は外部から侵入した細胞等を、攻撃・排除する役割を担っていますが、リウマチの場合は異常が生じると誤って自分自身の細胞・組織を攻撃してしまい、炎症反応が起こるとされています。

リウマチの原因

リウマチは人体を守る免疫機能が誤作動を起こし、身体の組織を攻撃して炎症や痛みを生じさせる自己免疫疾患と呼ばれる病気の一つです。現代の医学をもってしてもその原因について全て解明されているわけではありません。遺伝的要因も指摘されているものの、全てのケースに当てはまるわけではなく、複数の因子が関係しているものと考えられています。 細菌やウイルス感染、過労やストレス、出産、大怪我、手術など身体に大きな負担が生じた時に発症するケースが報告されているほか、喫煙が発症リスクを高めることが知られています。またリウマチ患者の歯周病罹患率が高いことと、歯周病菌が増えるとリウマチが重症化することがわかっており、その関係が注目されています。

リウマチはなぜ女性に多いのか

リウマチは男女比で見ても、8割と女性の方が多く、男性に比べ3倍から4倍リウマチになりやすいとされています。リウマチに女性患者が多い理由としては、免疫機能の違いです。男性と女性とでは、免疫機能に差があります。女性はお腹の中で赤ちゃんと育てる為の体の構造になっており、男性よりも免疫機能が複雑で、免疫力が強い傾向があります。さらには、女性ホルモンの分泌量の影響も関係しています。男女共に、女性ホルモンは分泌されていますが、女性の方が遥かに多く女性ホルモンが分泌されています。その女性ホルモンの中のエストロゲンが免疫機能への影響を与えます。エストロゲンは免疫機能を高める働きがありますが、リウマチは免疫機能の誤作動が原因のため、エストロゲンの影響で高められた免疫機能が結果として症状を悪化させてしまいます。

関節リウマチの合併症

関節リウマチは膠原病の1つで炎症性自己免疫疾患です。関節痛や関節炎と言った関節症状だけではなく、内科的な合併症を起こすことがあり、時には全身に症状が及ぶこともあります。合併症の中には、間質性肺炎という慢性型の肺炎に罹り、乾いた咳や動作時の呼吸困難が生じることもあります。多くは病気の活動性(進行具合)に一致して出現しますが、中には間質性肺炎が先行することもあります。 また、関節痛のコントロールのために服用するステロイドには多くの副作用があります。その中の1つに骨粗鬆症があります。 ステロイドをプレドニン換算で5mg以上を長期に服用する場合や骨密度を検査して低い値だった場合は、ビスフォスホネートという薬剤やビタミンD製剤を服用することで予防します。このように関節リウマチは関節だけの問題ではないため、整形外科だけではなく膠原病内科とも連携を取って治療することが大切です。

リウマチの治療

リウマチの治療として、以前は整形外科で手術を行うことも多かったのですが、近年では抗リウマチ薬が発達し、基本的には薬物療法が中心となっています。抗リウマチ薬では免疫異常による関節破壊の進行を遅らせる効果があり、生物学的製剤では免疫応答に対する抑制の効果があります。ステロイドについては関節破壊阻止に対する効果はありませんが、炎症を抑えてくれる効能と即効性から今でも消炎剤、鎮痛剤として治療に用いられています。 また、リウマチの治療については様々な薬が開発されていますが、薬物治療以外にも生活習慣を見直す必要があり、体操などの運動療法を行って身体的な機能のアップをすることも大切になってきます。適度な運動は免疫システムの正常化につながりますし、筋肉をバランスよく刺激するのは関節に良いとされています。関節の痛みを我慢してまで行うような負担が大きい運動はいけませんが、リウマチの治療法の一つとして、心地よく続けられる軽度の運動を心がけるようにしましょう。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県