鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

歯痛
10件の商品がございます
表示件数
並び替え

歯痛

歯痛というのは嫌なものです。歯に痛みがあると、虫歯だと思い込む人が多いですが、初期の段階では痛みはほとんどありません。虫歯で痛みを感じるというのは、症状が進んでいる証拠です。また、歯周病で歯茎の炎症がある場合や、かみ合わせがずれているなどの時にも起こります。中には、寝ている時に歯ぎしりや食いしばりをしていて、起きている時にはしていないので、自分では気づいていないというケースもあります。親知らずが斜めに生えてきてしまい、手前の歯を押しているような状態になると、かみ合わせがおかしくなることもあります。真っ直ぐに生えている親知らずは抜歯しなくても構いませんが、このように他の歯に悪い影響を与えている親知らずは抜歯した方が健康のためになります。このように、歯が原因で痛みが出ることを、歯原性歯痛と呼びますが、中には歯に原因がなくても痛みを感じることがあります。こちらは、非歯原性歯痛と呼ばれていて、虫歯を治したのに痛みが続いたり、痛みがあるので歯科医院を受診したけれども異常がない場合に使われます。 歯痛といえば、虫歯をイメージしがちですが、実際は様々な要因がからみあって痛みを感じています。痛みの症状は軽度から重度まであり、きちんと把握することが大切です。

口内環境以外が原因で起きる歯痛

一般的に歯痛というと、虫歯や歯周病などの口内環境が原因で起きるイメージがありますが、そうではない場合もあります。口内環境以外が原因で起きる歯痛として、非歯原性歯痛と呼ばれる急性の痛みが考えられます。非歯原性歯痛は歯を治療しても良くならない歯痛のことです。非歯原性歯痛には首、肩などの筋肉や咀嚼筋の慢性的な疲労が原因で起こる筋肉痛が原因の筋・筋膜性歯痛のほか、片頭痛(偏頭痛)、群発頭痛などの神経血管、三叉神経や帯状疱疹などの神経痛、副鼻腔炎、うつ病、統合失調症などの精神的疾患、、狭心症などの心臓病、などがあげられます。歯痛が起きた時、歯科医院を訪ねるのは88%で、内3%が非歯原性歯痛、9%が非歯原性歯痛と歯原性歯痛が混合していると言われています。特に、筋・筋膜痛の場合は咬筋に問題があることから非歯原性歯痛を訴える方が多いです。非歯原性歯痛と歯原性歯痛の見分け方として、大概の場合、当該歯に麻酔を行っても歯痛が改善しないことで判断をします。また、非歯原性歯痛による歯痛の発生率は原因によって異なるほか、治療方法についても様々です。口内環境に原因がないのに歯痛がある場合には、非歯原性歯痛について医師に確認してもらうのが良いでしょう。

歯痛の治療

歯痛の治療については、その原因によって治療内容も異なります。主に口内環境が原因で発生している歯原性歯痛では、虫歯や歯周病などの原因菌に対しての治療が行われます。噛み合わせの問題であればマウスピースや歯列矯正が行われます。また、歯ぎしりなどにより歯が痛む場合には防止用マウスピースなどが有効とされています。歯ぎしりをすると、歯同士がこすりあうことで削れてしまったり、顎関節症になったり、歯がぐらついたりします。歯痛の症状がなくても歯ぎしりを起こしている場合には医師へ相談したほうがよいでしょう。また、親知らず虫歯治療のための抜歯や、インプラント治療の際にも歯痛が生じます。治療のために抜歯等の施術は必須のなので、痛みが生じるのはどうしても避けることができません。その場合には、施麻酔や、麻酔後の痛みに対して使用する鎮痛剤を処方されることが多いです。 非歯原性歯痛の場合は、口内環境に原因がないので、まずは原因の特徴を診断してもらう必要があります。非歯原性歯痛が起きる原因としては神経痛や精神的疾患、心臓病、筋膜性歯痛などがあげられ、原因の特定に時間がかかる場合もあります。痛みを我慢したり、自己判断で原因を特定するのは避け、医師の診断を受けることが治療への大切な一歩です。

歯痛と鎮痛剤

鎮痛剤というと、頭痛薬や生理痛に用いられる場面が日常的ですが、歯痛の治療にもよく活用されています。歯痛の原因によって治療法は異なりますが、歯原性歯痛という口内環境が原因で起きる歯痛については、虫歯治療や抜歯の際に鎮痛剤がよく用いられます。非歯原性歯痛という口内環境が原因ではないけれど、歯痛の症状がある場合、原因の特定に時間がかかることあります。また原因の特定ができたとしても、治療に時間がかかり、その間、歯痛が継続することがあります。そうした場合にも応急処置として鎮痛剤が用いられます。 歯痛の治療については根本的な原因を取り除くための治療が必要となり、特に歯原性歯痛の虫歯や歯周病などの場合にはできるだけ早急な治療が必要です。ですが、なかなか診療を受ける時間がない方や、治療は終わっているけれど痛みが継続している方、非歯原性歯痛で原因が特定できないけれど歯痛が継続して辛い思いをしている方などに鎮痛剤は有用な薬となります。歯痛の度合いによっては家事や仕事などをこなすのが困難となり、日常生活に支障をきたす場合もあります。治療と並行してうまく鎮痛剤を使用することで、つらい歯痛を緩和させることができます。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県