鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

片頭痛(偏頭痛)
30件の商品がございます
表示件数
並び替え

片頭痛(偏頭痛)

片頭痛(偏頭痛)とは、頭の片側もしくは両側がズキズキと痛むことです。脈拍と同調して痛むことが多く、動くたびに強い痛みを感じます。ひどいときは吐き気や嘔吐を伴うこともあります。痛みは数時間で治まることもあれば、数日続くこともあります。また、男性に比べると、女性の方が3~4倍多いと言われています。これは、女性ホルモンが頭痛と関係している場合も多いからです。 痛みの原因のひとつとして、脳血管の拡張と、脳の血管の周囲に分布する三叉神経の炎症があげられます。こうした血管の拡張、血管周囲の炎症が原因で起きる片頭痛(偏頭痛)には、鎮痛作用のある頭痛薬ではなく、痛みの原因である血管を収縮してくれる作用のある頭痛薬が効果的です。 また、それ以外の片頭痛(偏頭痛)の原因として、ストレス、アレルギー反応、睡眠不足、緊張、月経周期、気温・気圧差、天候の変化などが誘発因子となったり、血管拡張作用のあるポリフェノールやアルコールを含む食品・物質の過剰摂取などがあげられます。 特定されるような原因が無いまま片頭痛(偏頭痛)が起きる場合もありますが、原因が特定できる場合には、発症頻度を減少させることもできるほか、症状に合わせた頭痛薬を選ぶことで片頭痛(偏頭痛)の痛みを軽減させることもできます。

片頭痛(偏頭痛)の前兆

片頭痛(偏頭痛)の前兆に閃輝暗点というものがあります。これは視界にぎらぎらと輝く光や稲妻のような光が現れて視界を邪魔してしまい、目の前が見づらくなってしまうことを言います。閃輝暗点の原因はものを見る役割をしている視神経がある後頭部へ向けて血液を送っている血管が何らかの理由でけいれんを起こしてしまうとその血管を流れる血液の量が減少してしまいます。これが原因で視神経にも血液が流れ込む量が減ってしまうことが原因で起こってしまうものです。人によって現れ方は違いますが、視界の一部がふさがれてしまったり、片目全部の視界がふさがってしまうというケースもあります。この前兆に関してはおよそ20〜30%の片頭痛(偏頭痛)患者が感じると言われており、片頭痛(偏頭痛)の方すべてに起こるものではありません。

片頭痛(偏頭痛)の症状

慢性頭痛のひとつである片頭痛(偏頭痛)は、頭蓋骨の血管が広がって、炎症を起こすことで症状があらわれると考えられていて、ストレスや疲労で誘発するといわれています。人によっては「要塞スペクトル」や「閃輝暗点症」とも呼ばれる片頭痛(偏頭痛)の前兆がある方がいます。目にチカチカと輝く光があらわれ、視野の中心から片隅にかけて、部分的に見えにくくなるという症状が出ることが多いといわれています。片頭痛(偏頭痛)の特徴的な症状は、ズキズキと脈を打つような強い痛みです。 頭の片側あるいは両側、後頭部、頭全体にも強い痛みが出る場合もあり、吐き気やおう吐を伴うこともあります。痛みの度合いによっては家事や仕事に支障をきたす場合もあり、ひどい時は寝込んでしまう場合もあるといわれています。個人差はありますが、痛みのピークは1~2時間、頭痛の頻度は月に1~2回、多い時は週に1~2回ほど起こる場合もあります。

片頭痛(偏頭痛)の原因

片頭痛(偏頭痛)の原因は様々ですが、そのひとつに脳の血管が拡張することによって炎症を起こし、その結果痛みとして感じる血管説と三叉神経血管説があります。血管説は、脳がストレス等により刺激を受けたことにより、血管を収縮させるセロトニンが過剰に放出され、一時的に収縮させたのち、セロトニンの分解と排泄に伴って、今度は逆に血管が急激に拡張するため頭痛が起こるという説です。三叉神経血管説は、脳神経の三叉神経が痛みに関わりがあるとするものです。何らかの原因で脳の血管が拡張したことにより、三叉神経が刺激を受け痛みの原因物質を放出するため、血管の周囲に炎症が起きます。その炎症がさらに三叉神経を刺激し痛みとして感じるといわれています。これらが原因で起きた片頭痛(偏頭痛)については、血管を収縮させることで痛みを緩和させることができますが、市販の頭痛薬のような鎮痛成分だけでは一時的な鎮痛効果しかなかったり、まったく効果が無い場合もあります。原因が特定できる場合には、その原因に合った頭痛薬を選ぶことが上手な片頭痛(偏頭痛)との付き合い方です。

片頭痛(偏頭痛)と緊張型頭痛・群発頭痛の違い

ポピュラーな病気となりつつある頭痛ですが、いくつかの種類があります。日常、慢性、そして脳の病気に伴う頭痛にわけることができます。このなかで繰り返し起こる頭痛として悩む人が多いのが慢性タイプで、大きく分けると片頭痛(偏頭痛)、緊張型頭痛、群発頭痛の3種類があります。この3つの頭痛は時間や期間、痛みの箇所、頭痛に伴う症状に違いが出ます。それぞれの特徴として、個人差はありますが片頭痛(偏頭痛)が週2回から月1回程度で、痛みは4時間から最悪72時間続きます。緊張型頭痛は、毎日起きる場合が多く、痛みは30分から7日続きます。群発頭痛は1~2ヶ月の間に集中して毎日起き、痛みは15分から3時間続きます。痛む箇所もそれぞれ片側、両側や全体、片側と違い、その痛みもズキンズキン、頭を締め付けられるような痛み、目の奥がえぐり取られるような激痛という違いです。当然それぞれの症状に対して対処は違いますので、どの頭痛なのか特徴を掴んでおくことが大事です。

片頭痛(偏頭痛)の治療薬

突然やってくる片頭痛(偏頭痛)の痛みは我慢できないものです。ひどい人になると嘔吐したり寝込んだりしなければならないほど、症状がひどい人もいます。 しかし最近は、片頭痛(偏頭痛)に効果のある薬があります。その一つがトリプタン系薬剤です。片頭痛(偏頭痛)の発作は、頭の血管が拡張することにより起こる場合があり、トリプタン系薬剤は、血管を収縮させ炎症を抑える働きをします。また、三叉神経に作用するので、炎症を引き起こす原因となっている神経ペプチドを抑制する働きがあります。 また、トリプタン系薬剤には片頭痛(偏頭痛)予防薬としての効果はありませんが、頭痛発生後、すぐに服用することでその効果を発揮します。片頭痛(偏頭痛)薬としてトリプタン系薬剤を服用する場合には痛みを我慢せず、速やかに服用するのがポイントです。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県