鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

痛み止め
40件の商品がございます
表示件数
並び替え

痛み止め

痛み止めといっても、その種類は様々で、症状・原因に合わせた鎮痛剤がそれぞれ開発されています。主な例としては、神経伝達物質に働きかける電位依存性Ca2+チャネル遮断薬、モルヒネと類似した作用を持つオピオイド関連薬、痛み情報がニューロンに伝わらないようにして、痛みを和らげる下行性抑制系活性化薬、そして痛みを発生させる物質の生成を抑制し、抗炎症や解熱効果もある非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)があげられます。特に非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は市販の痛み止めにもよく用いられており、上記の中でもポピュラーな効能になっています。 いずれの痛み止めも、鎮痛効果がありますが、基本的には一時的な対処療法薬としての効能しかなく、痛みの根本となる原因を治療する効能がありません。痛み止めを服用することで、一時的に痛みや炎症、発熱を抑えることで症状を楽にさせることはできますが、根本的な原因の治療も行うことも大切です。

痛み止めの種類

痛み止めの薬と言ってもその作用、用途によって様々な種類があります。その中でも、非ステロイド系鎮痛剤(NSAID)、下行性抑制系活性化薬、電位依存性Ca2+チャネル遮断薬、オピオイド関連薬についてその作用の違いについてご紹介します。 非ステロイド系鎮痛剤は、痛みを感じやすくさせる物質のプロスタグランジンの生成を抑え、それによって増加する発痛物質のブラジキニンの生成も抑える効果があります。そのため、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用をもたらします。市販での痛み止めの薬はこれに該当します。 次に、下行性抑制系活性化薬はGABAニューロンと言われる神経の活動を抑制することで、神経伝達を阻害し痛みを和らげる効果をもつ薬です。 また、電位依存性Ca2+チャネル遮断薬は、下行性抑制系活性化薬と似ているのですが、神経の末端にあるCaチャネルにおいてCaの流入を抑制することで神経伝達を阻害し、痛みを和らげる効果をもつ薬です。 最後に、オピオイド関連薬は、大脳皮質、脳幹、脊髄などの幅広い場所に存在しているオピオイド受容体と呼ばれる受容体に作用する薬であり、モルヒネに似た効果をもつ薬のことです。 痛みの原因や度合いに合わせて、それぞれ痛み止めを使い分ける必要があります。

痛み止めの用途

「痛み」とは単純な反射的感覚ではなく、人の感情や心の動き等を伴った、人が感じる体験だといわれています。 痛みの原因は主にこの4つに分けられます。一つ目は、傷から末梢神経を通して痛みを感じる外傷によるものです。二つ目は、神経痛など末梢神経そのものによる痛み、三つ目は、心因性によるもの、4つ目は、交通事故などで損傷して生じる脳や脊髄によるものです。 これらの対症療法として皆さんもよくご存じ、痛み止めがあります。痛み止めにも種類があり、医療用麻薬・局所麻酔薬・非麻薬性鎮痛剤の3つに分かれています。普段、病院や薬局で処方される痛み止めは、ほとんどが非麻薬性鎮痛薬です。  痛め止めには、胃腸障害などの副作用が起こり得るため、副作用を考慮して長期の服用が可能なものと短期間に使用を制限するタイプがあります。他にも、即効性のあるもの等、自分の用途に合わせて痛み止めを正しく使用し、副作用を最小限に抑えることで、早く痛みから解放されるのです。

痛み止めの誤った使用方法

痛み止めは正しく用いる必要があります。誤った使用方法にはどのようなものがあるでしょうか。たとえば歯が痛くなったとします。夜中や旅行先、あるいは緊急時なら、痛み止めを飲んで我慢するかもしれません。しかし翌日になっても痛みがあるにもかかわらず、歯科医院に行かないのはよくありません。痛み止めはあくまでも対処療法だからです。歯痛はあきらかに病気の一種であり、それに対して痛み止めを常用薬とするのはやめるべきです。虫歯や歯茎を治療することにより、痛みは自然となくなります。痛み止めは根本療法ではなく、一時的に感じなくするにすぎません。根本療法は病気の原因となっていることを取り除くことです。痛みは、なんらかのサインです。体のどこかに問題があることを教えてくれます。警告のサインとも言うことができます。原因を取り除くことにより、そのサインが出なくなります。痛み止めは根本的な治療が完了するまでの対処療法薬として使いましょう。

痛み止めの注意点

痛みを感じにくくする効果が期待できる痛み止めですが、安易に使って良いわけではなく、注意点を良く理解した上で利用します。 例えば、簡単に傷みが軽減されるからと言って簡単に使ってしまうと、薬が効きにくくなってしまう事もあります。また、痛いという感覚は体が出しているSOS信号の場合も有りますが、その原因を特定しないまま痛み止めを服用し続けるのは避けましょう。痛みの原因がわからないままに適当な痛み止めを選ぶと、十分にその効果を発揮しない場合もあります。 痛み止めは私たちの生活の中でも身近な薬の一つです。ドラッグストアでも気軽に購入することができますが、痛み止めを服用することで痛みが止まった・緩和されたとしてもそれは一次的な症状改善でしかありません。痛みの度合いや、継続的・断続的に続く場合には医師へ相談する必要があります。痛み止めが対処療法薬であることを理解したうえで、うまく症状と組み合わせて服用することが大切です。 また、服用に当たっては十分に副作用に注意してください。成分によって起きる副作用は異なりますが、腎障害、吐気、おう吐、強烈な眠気、胃の不快感、胸やけ、アナフィラキシーショック、発熱、発疹、黄疸などの症状が起きる場合があります。服用前にはそれぞれの説明書をよく確認してから服用してください。成分によっては妊娠中・授乳中の方、投薬治療ですでに他の薬を服用している方などは特に注意が必要です。必要に応じて医師への相談をおすすめします。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県