鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

腰痛
10件の商品がございます
表示件数
並び替え

腰痛

腰痛と一言で言っても様々な種類があります。腰痛とは腰に痛みを生じる物の総称です。その原因は急に体を動かした時に筋肉が傷ついてしまったり、腰周辺の筋肉が凝り固まってしまったりする事もありますが、それ以外にも骨が変形していたり、病気によって痛みを生じている場合等もあり、その原因は人それぞれです。 腰は体を支える為にも必要な部位となっています。あらゆる動きを支える為の基本の部分となっており、日常生活を送るだけでも腰には大きな負担がかかってしまいます。また姿勢が悪くなった事によって腰により負担がかかってしまう事が関係している場合も有ります。 腰痛はただ安静にしていれば徐々に痛みが軽減する場合もあります。しかし人によってはなかなか治らない、痛みが軽減されない場合も多く、整形外科や整体等に通う人もいます。通常はマッサージ、冷却、ストレッチ、運動療法等が治療法として行われますが、その人の腰の状態に合わせて最も適切な方法を選びます。 また腰の筋肉をある程度鍛える事によって腰痛を予防する事も可能です。予防策として行われているのが運動、ストレッチなどで、それによって体幹を鍛える事で腰痛になりにくくする事が出来ます。

腰痛の種類

腰痛の種類は様々で、痛みの原因が明らかで病名で診断を下せる特異的腰痛と、病名が特定できない非特異的腰痛があります。 特異的腰痛に分類される椎間板ヘルニアは、椎間板から飛び出した髄核が近くの神経に触れて強く圧迫し、神経が傷ついたりすることで痛みやしびれ、感覚の鈍りなど、様々な症状が現れます。 骨粗鬆症も特異的腰痛に分類され、腰痛を引き起こす可能性のある病気のひとつで、多くの場合、慢性的な腰痛や背中の痛みが見られますが、痛み以外は自覚症状がない病気だといわれています。 また、非特異的腰痛と呼ばれているぎっくり腰は、重い物を持ち上げようとした時や、前かがみになった時、くしゃみをした時など、日常の動作で激しい痛みが突然に起こります。腰の使いすぎや疲労など、腰が弱い状態の時に、腰に負荷がかかったことがきっかけで発症するといわれています。

腰痛の原因

腰痛の原因としては、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など脊椎の病変が第一に考えられます。その他消化器や泌尿器など内臓系の疾患がある場合や、内臓や腹壁に腫瘍がある場合も痛みが腰痛として出現する場合があります。このように原因が特定できる腰痛を「特異的腰痛」といいます。 一方、レントゲンなどの検査を行っても、所見と痛みが一致せずに原因が特定できない腰痛を、「非特異的腰痛」といいます。非特異的腰痛は、腰部を構成する筋肉の血流が悪くなることで痛みがもたらされるというのではないかと考えられています。 一般的に特異的腰痛が15%、非特異的腰痛が85%と言われており、腰の痛みを抱えて病院を受診しても、なかなか原因が特定できない場合が多いという現状があります。

腰痛になりやすい人の特徴

様々な原因で起きる腰痛ですが、日常生活やワーキングスタイルの中にも腰痛の原因となる要因があります。例えば、ライン製造や接客業など長時間立ちっぱなしで作業する方は筋肉疲労により椎間板に負担がかかり腰痛になりやすくなります。また、逆にデスクワークや運転などで座りっぱなしの場合も腰痛になりやすいと言われています。これは長時間同じ姿勢でい続けることで限られた骨格や筋肉に負担がかかってしまうためです。 他には、掃除・洗濯・料理など家事で何かと立ちっぱなしの作業が多い主婦の方や、引っ越しや配送業などの重い荷物を上げ下げする方も腰痛になりやすいです。いずれの場合も、できるだけ腰に負担をかけない動きを心がけるとともに、適度に身体を動かす・休めるというのを意識するようにしましょう。

腰痛の予防方法

腰痛の原因のひとつとして、腰周りを支える筋肉の強張りがあります。ヘルニアや圧迫骨折などの病的なものを除けば、運動不足による筋力の低下、肥満体型を支えるための筋肉への過負荷によるものが多く、予防のためには普段から適度な運動を心掛けることが大切です。ですが元々習慣が無い場合、突然激しい運動を始めることは、反って腰痛を誘発・悪化させることとなりますので注意が必要です。まずはストレッチや軽いウォーキングから始めましょう。また、既に腰を痛めている場合、痛みを緩和させようと背屈する方がいますがこれは逆効果です。腰痛の原因となる筋肉の強張りを解消するためには、椅子や床に座りゆっくりと前屈を行うか、アキレス腱を伸ばすのが良いでしょう。こうしたストレッチ運動は、腰部の筋肉を伸ばし、予防だけでなくすでにある腰痛の緩和にも有効です。

腰痛の治療

腰痛で整形外科を受診すると、レントゲン検査で異常が見つからなければ湿布などの外用薬や鎮痛剤、消炎剤の内服薬が処方されて経過観察となるケースが多くあります。湿布などの外用薬は主に消炎剤として使用されるもので、対症療法です。 しかし、その腰痛がどこから起こっているかを考えると、鎮痛剤や消炎剤では根本的に改善できないケースがあります。例えば、交通事故に遭ってしまい、事故の瞬間に頚椎や腰椎が大きくしなったことでずれ、その部分の筋肉や靭帯が損傷して痛みを起こしているいわゆるむちうち症の首の痛みや腰痛ではずれてしまった骨格を元の位置に正さなければ症状はすぐにリバウンドしてしまいます。 上記の例のように、腰痛の原因が特定できる場合には根本的な治療を行い、治癒するまでの間の対処療法薬として鎮痛剤、消炎剤を使用するのがおすすめです。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県