鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

解熱剤
10件の商品がございます
表示件数
並び替え

解熱剤

解熱剤とは白血球が放出したシクロオキシゲナーゼという発熱物質を阻害する薬です。これによって脳内中枢の温度設定は強制的に下がるため、熱に伴う不快な症状を改善することができます。シクロオキシゲナーゼには発熱以外にも血管を修復する作用があります。むやみに解熱剤を使ってシクロオキシゲナーゼの働きを邪魔すると、脳炎や脳症が原因で起こる血管炎も治りにくいので注意が必要です。一般的に体温が38.5度以上あって発熱が辛くて、食事ができなかったり睡眠が取れなかったりする時に用います。発熱は免疫力が下がっている中ウイルスの増殖を防いでいる証拠なので、食事や睡眠で高める必要がありますが、それが難しくなった時に熱を下げて免疫力を高めるサポートをするのが解熱剤の役割です。2時間~3時間で作用は切れますが、その間に栄養を摂って眠ることができれば問題ありません。解熱剤の有効成分はアスピリンやインドメタシンなど鎮痛効果も持っています。小児科ではアセトアミノフェンとイブプロフェン以外は処方しません。アスピリンは15歳未満のインフルエンザや水痘の治療に使うことが禁止されています。熱がそれほどないのに辛そうにしている場合は、他の病気の可能性があるので医師の診察を受けるようにしましょう。

発熱する仕組み

風邪をひくと、熱が出て苦しい思いをすることがありますが、発熱は体に侵入したウィルス等を退治する体のメカニズムでもあります。風邪のウィルスが入ってくると、鼻やのどの粘膜が異物を外に出そうとして、咳やたんが起きますが、そこを突破してウィルスが体内に入ると、発熱の仕組みが働きます。 まず白血球のナチュラルキラー細胞が真っ先に攻撃を仕掛け、ウィルスの死骸等をマクロファージが食べてしまいます。それと同時にこれらの免疫活性食細胞は、サイトカインという内因性発熱物質をつくります。サイトカインは血液に入って脳の近くまで来ますが、脳内の視床下部への門をくぐることができないために、その場で自分の代わりに脳に情報を伝達してくれる物質、プロスタグランジンをつくります。視床下部には体温調節中枢があって、プロスタグランジンからウィルスの侵入を知らされると、体中に体温を上げるようにと指令を出します。体温が適切に上がると、ウィルスには不利になり、免疫機能にとっては追い風となるからです。 血管が収縮したり筋肉が震えて発熱が起こり、ウィルスの勢いが次第に弱くなると、今度は自然に解熱が始まります。血管は拡張し、発汗が始まり、体熱が外へ放散され、サイトカインは消えていきます。解熱剤は、サイトカインがプロスタグランジンをつくる働きを邪魔することで体温の設定温度を低くする薬ですから、体の免疫機能を弱めていることになります。

解熱剤の使い方

熱がでたからといって、すぐに解熱剤を使ってはいけません。発熱時であっても、きちんと様子を見て判断していく必要があります。 解熱剤の使い方としては、発熱によって水分補給や睡眠がとれない時に使うのがポイントです。熱を下げる効果があるとはいえ、丸一日熱を下げられるわけではありません。あくまでも一時的に熱を下げるだけです。 とくに子供に利用する際は、熱があっても元気であれば無理に使う必要はないです。体の状態によって使い方が変わっていきますので、医師に相談してみてから決めても良いでしょう。 発熱に伴いつらい症状がある場合には、解熱剤を服用しましょう。ただし、必要以上に服用してはいけません。副作用が強く出てしまい、症状が悪化してしまう可能性があります。 熱をあげている原因となっている病気を治すことを忘れてはいけません。解熱剤は、あくまでも熱を下げるだけです。熱が下がったからといって治ったわけではありません。適切な治療を受けることも必要です。

解熱剤の副作用

解熱剤の副作用の一つが胃腸障害です。 痛みを軽減する事が出来る効果が期待出来ますが、利用し続ける事によって胃粘膜の防御機能が低下してしまう可能性があります。 人によってはびらん性胃炎となる事もあります。 本来、解熱剤は熱を下げて痛みを軽減する為に利用しますが、利用し続ける事によって帰って頭痛が起きてしまう事もあります。 あとは、喘息の誘発です。 解熱剤は痛みの原因物質を減らす働きがありますが、その反面体内で喘息を誘発する物質を増加させてしまう事に繋がります。 また喘息だけでなく尿量の減少やだるさ、嘔吐等も解熱剤を利用した時に起こりうる副作用となっているため、利用する時はその点に注意して服用します。

解熱剤の注意点

みなさんはご存知ですか? 風邪薬は、風邪そのものを根本的に治療するわけでは無いことを。 「え?でも、風邪薬でつらい症状はよくなるけど?」と感じる方もいらっしゃると思います。 おっしゃる通りで、咳や鼻水、熱などの症状を風邪薬は対処してくれます。 つまり医療には、対処療法と根本療法の2種類があるのです。 対処療法というのは、特定の症状を緩和・消失させることを目的とし、根本療法は言葉の通り、病気の根っこを治すことを目的としています。 例えば風邪をひいて熱が出るのは、体内のウイルスを退治するためなのでむやみやたらと解熱剤を使わない方がいいのですが、とはいえ高熱が続けば命の危険もありえますので即効的に対処することも大事なのです。 とはいえ対処療法だけに頼ってしまうと、解熱剤の副作用として胃粘膜を低下させたり喘息を引き起こす可能性もあり、身体を根本から病弱にしてしまうこともあるので、できれば両方をうまく使い分けることが大事でしょう。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県