鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

関節痛
25件の商品がございます
表示件数
並び替え

関節痛

関節痛を引き起こす要因は様々ですが、代表的なものの一つに変形性関節症があげられます。これは関節の老化とも呼ばれているもので普通人間の体は関節同士が直接ぶつかり合わないように間に軟骨が備わっています。これが年をとるとともにすり減ってきて関節同士がぶつかり合うようになり痛みが生じるものです。これは特に膝で発症しやすいです。また、その他の要因としてスポーツ時の関節障害も関節痛を引き起こす要因の一つです。運動をするときにストレッチやウオーミングアップを行わないまま激しい運動をすることで関節を痛めてしまうことがあります。さらに、自己免疫疾患の一つである関節リウマチも代表的な要因の一つです。30代~50代の女性に発症しやすい病気で関節の痛みのほかに体のだるさや微熱なども発症します。運動不足や反対に過剰な運動が発症の原因となります。働き盛りの女性は特に注意が必要でしょう。 関節痛の予防方法としては、運動をする際ストレッチやウオーミングアップをしっかり行い無理のない範囲でスポーツを楽しむことが大切です。これは肥満予防にもつながります、肥満になってしまうと膝への負担が増えてしまい関節痛を発症しやすくなってしまいますので、運動のほかに食生活にも気を付けて健康的な体を維持することを心がけましょう。すでに関節痛を患っている場合には、消炎効果のある薬で痛みを抑えたり、細胞に水分を与えることで関節の動きを体の中からサポートしてくれる薬が有効とされています。

関節痛の種類

関節痛が痛む病気は約200種類以上あると言われています。診察した医師は問診や触診、レントゲン画像などを総合的に判断して200の中から1つ1つ可能性の低いものを消していき、1つに絞り込んでいるのです。その中でも、日常的によく見られる関節痛を引き起こす疾患には次のようなものがあります。関節リウマチは30~50歳代の女性が多いとされ、左右両方の関節が痛くなることが主な症状で、同時に全身倦怠感や微熱が見られることもあります。膝の変形性関節症は、太ったO脚の中年女性に多い疾患です。スポーツによる関節痛も、市民ランナーが増えて増加しています。四十肩・五十肩の場合は左右どちらか一方が痛くなることが多いです。腰痛も日常的によく見られる関節痛の症状で、国民の4人に1人が腰痛症だと言われています。腰痛についても、原因の特定は難しく、特定できるものはわずか15%程度と言われています。

関節痛の原因

膝や肘などの関節が痛んだり、腫れたりする症状には様々な原因があり、簡単にその要因を特定することはできません。ある程度年齢を重ねた高齢者であれば、関節をカバーする軟骨がすり減ったなどの理由で起こる変形性関節症が考えられますが、若年層の場合はスポーツの過度な運動による負担や関節リウマチも十分に考えられます。また、関節痛は膝や肘が最も分かりやすいのですが、足、股、指、手首と人体の稼働する範囲全てが対象となってしまうため、その部位によって特定することになります。免疫異常が理由となる関節リウマチ以外にも、尿酸の結晶化によって炎症する痛風、悪性腫瘍となる骨肉腫、小児で起こる可能性のあるペルテス病など病気が原因となることもあるので注意しましょう。

関節痛になりやすい人の特徴

関節痛には様々な原因がありますが、中でも多いのが変形性関節症と呼ばれる病気です。加齢にともなって軟骨がすり減ることで骨どうしが直接ぶつかったり、欠けた軟骨が周囲に炎症を起こすことで痛みが発生します。老化が主な原因であるため、誰にでも起こりうる病気ではありますが、普段から関節に負担をかける生活をしていると起こりやすくなります。加齢以外の原因としては、肥満、運動不足、O脚、若いころに激しいスポーツをしていた、などが挙げられます。こうした特徴に当てはまる人は、変形性関節症になりやすい人といえるので注意が必要です。変形性関節症にならないためには、適度な運動で関節を柔軟にしたり、周辺の筋肉を強化するなど、関節に負担がかからないような生活を心がけることが大切です。

合併症としての関節痛

関節痛は他の病気の合併症としても発症する場合があります。その例として潰瘍性大腸炎、糖尿病、高尿酸血症、肥満症、高血圧、高脂血症、糖尿病、膠原病などがあげられます。中でも、糖尿病を患っている場合、関節痛を合併する方が多いと言われています。これはインスリンが不足することで、関節や骨の代謝が低下して骨粗鬆症を引き起こしているのではないかと考えられています。上記のような病気と連動して関節痛が生じている場合には、合併症として治療することが可能ですが、上記のような症状がなく関節痛のみがある場合には、原因を自己判断せず医師に相談する必要があります。また、関節痛があるからと言って必ずしも上記を発症してるとは限りません。加齢や過酷な運動による身体の疲労、細菌感染などでも関節痛が起きることがあります。

関節痛の治療法

関節痛の治療方法には、鎮痛剤や消炎剤を内服・外用薬として使用する薬物療法、患部の血行を促進して新陳代謝を高める温熱療法、コルセットやサポーターなどで関節の負担を軽減する装具療法、筋肉をつけることで関節の動きをスムーズにさせる運動療法、人工関節や変形した関節を整える手術療法があげられます。様々な療法がありますが、その中でも手軽なのが薬物療法です。関節痛の薬物療法に使用される鎮痛剤、消炎剤には関節の痛みを抑えて、炎症を鎮めることで辛い症状を緩和させます。鎮痛剤、消炎剤にはそれぞれ錠剤や粉末などの内服薬と、湿布や軟膏などの外用薬、関節内部に直接届ける注射があります。基本的にこの場合の内服薬と外用薬は同じ効き目ですが、内服薬のほうが全身に効果が効きやすいです。関節痛を治すためには、筋肉をつけていくことや、普段の生活から改善していくことも重要ですが、薬を飲みながら、しっかりと治療していきながら改善していくこともおすすめします。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県