鎮痛剤・消炎剤@通販

鎮痛剤・消炎剤@通販では、片頭痛や関節炎、リウマチなど様々な症状に合う鎮痛・消炎効果のあるお薬を取り揃えております。症状にあったお薬を処方箋なしで通販することができますが、いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

頭痛薬
30件の商品がございます
表示件数
並び替え

頭痛薬

現代社会で生活する私たちは、あらゆるストレスにさらされながら生活を送っています。そうしたストレスなどが原因となって頭痛を発症し頭痛で悩まれている方は近年増加傾向にあります。頭痛がおきると頭痛薬を飲んで症状を抑えようとしますが、まず、ご自身の頭痛のタイプを知る必要があります。大きく分けると、緊張型頭痛と片頭痛、群発頭痛の3種類に分けることができます。その中で片頭痛は、頭の血管の拡張が原因となって起こる頭痛です。緊張性型頭痛の次に多い頭痛ですが、比較的女性が多いといわれています。脳内の血管の拡張によって、周りの神経に触れることにより痛みを感じます。こうした脳内の血管の拡張を抑えるための成分に、スマトリプタンがあります。この成分は脳内のセロトニンの分泌を抑え血管の拡張を起こさせない効果があります。セロトニンという物質は脳内で多く分泌されると血管拡張してしまいます。このセロトニンの伝達が悪くなるとうつ病になるともいわれています。スマトプリタンの成分が効く片頭痛は一般の鎮痛剤では効かない群発頭痛や一般の鎮痛剤では効果がない人に有効的ですから、片頭痛でお悩みの方が頭痛薬を購入する場合は、この血管拡張を抑えるスマトプリタンの成分が含まれている頭痛薬を購入するようにしましょう。

頭痛の種類

日ごろから慢性的な頭痛に悩んでいる人は、およそ3人に1人と言われています。そんな身近な頭痛という病気には、大きく分けて3つの種類があります。 1つ目は、緊張型頭痛。これはストレスにより筋肉が緊張し、血流が悪くなることで疲労物質がたまり、神経を刺激することで起こる頭痛です。 2つ目は、片頭痛(偏頭痛)は、ストレスから解放されることで血管が拡張し、神経に触れるために起こります。脈打つように痛むのが特徴です。女性に多く見られます。 そして3つ目は群発頭痛。こちらは男性に多く、1~2ヶ月ほど毎日傷み、目の奥が抉り取られるような痛みだと言われています。目の奥にある血管が拡張して神経を刺激することが原因と言われていますが、はっきりとは分かっていません。 頭痛の原因はそれぞれのため、自分の頭痛がどれなのかを見極め、それに合った頭痛薬を服用することが大切です。

頭痛薬の用途

頭痛薬の用途は頭痛といった痛みだけでなく、他の痛みを感じた時にも使えるものです。 例えば、生理のときに生じる頭痛、生理痛などの痛み、いわゆる月経痛に有効です。頭痛薬のなかには解熱作用も含んでいるタイプものあり、その場合は痛みだけなく発熱にも効きます。また、鎮痛の効能から、これらの痛みだけでなく肩こり痛・歯痛・関節痛・筋肉痛・神経痛・腰痛・打撲痛・悪寒・耳痛・抜歯後の疼痛にも効能・効果があるとされています。 頭痛薬は痛みに有効ではありますが長期連用など日常的に飲むようになると効能・効果が感じられなくなったり、頭痛の原因によっては効果を発揮しないこともあります。用途に合った頭痛薬を選ぶのが重要です。

市販薬と処方薬の違い

頭痛薬には薬局で手に入る市販薬と、医師の処方箋に基づいて出される処方薬があります。 市販薬は一つ一つの成分の量が少ないので、頭痛薬自体の安全性は高いのですが効き目は処方薬より比較的弱く、十分にその効能を感じることができない場合があります。また、頭痛以外にも抗炎症や解熱作用がある場合には、副作用として胃腸障害がおこることがあります。 処方薬は医師が診察を行ったうえで服用する頭痛薬を選ぶので、頭痛の症状に合った薬を処方してもらうことができ、薬の効能にも期待ができます。また、分量も程度や症状、体質になど各個人に合わせて調整できることや、効き目が判ることで原因の特定が出来る事が市販薬との違いです。処方薬は効果は高いのですが副作用も強くなりますから、医師の処方箋が必要で患者に渡す時は薬剤師から説明を受ける必要があります。

頭痛薬の副作用

頭痛薬と一言で言ってもいろいろな種類があり、その成分によって副作用も異なります。よく知られているアスピリンは、頭痛を抑える効果は大きいですが、胃を荒らして胃痛を起こすことがあります。また、多くの市販薬に含まれているイブプロフェンは、炎症をおさえる作用が強く、胃に対する影響も少ない方ですが、喘息の発作を引き起こすことがあります。これは喘息に掛かっている人に対して特に注意して欲しいことです。 頭痛薬によっては、眠気を催す成分が入っている場合があります。また、副作用にはアレルギーによる物があり、かゆみや発疹、関節痛や血液障害などを引き起こすことがあります。症状に合った頭痛薬を選ぶのは重要なことですが、その副作用も知った上で服用する必要があります。

頭痛薬の注意点

市販の頭痛薬は片頭痛などが起きた時に飲みますが、鎮痛作用によって頭が痛いのを一時的に抑えているだけで、根本的な治療効果がない対処療法薬となっています。片頭痛(偏頭痛)の場合は、血管が拡張することにより、脳の神経が炎症を起こし痛みが生じますが、市販の薬には血管を収縮させる作用はありません。そのため頭痛薬を飲むタイミングを間違えてしまうと、飲んでも飲んでも痛い状態が続いてしまいます。 頭痛薬の注意点は、上記のような薬の効果が薄い場合に飲み過ぎてしまうと薬物乱用頭痛を引き起こす可能性があることと、頭痛の原因に合った薬を選ぶことがあげられます。薬物乱用頭痛は、飲む回数が増える分、脳が痛みに敏感になってしまい薬が効かなくなります。用法容量を守って服用するようにしましょう。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県